トップページ > TOEFL アーティクルズ > TOEFL と GPA 

TOEFL (R) スコアは、どこまで GPA を補えるか?

▼ TOEFL で高い点数を取ると、GPAなどを補えるか?

前回の話しと少しかぶりますが、TOEFL で必要とされる点数は、MBA留学 なのか、大学院留学なのか?学部なのか?などのレベルによっても変わって きます。 また出願先の学校のレベルによっても変わってきます。

要求されるスコアは、低いところで37点(短大留学レベル)から 100点(MBA、大学院のトップ校レベル)です。 たとえば、例年の合格者の平均GPAが 3.60 なのに対し、自分の GPA が 3.0 だったとして、TOEFLで要求されている100点を大きく超えるスコア を取ると、GPAの不足分を補えるか? こういうご質問をよく頂きます。

結論からいきますと、TOEFL で GPA は補えません。 GPAのみならず、TOEFLは他のどの要素も補うことはできません。 仮に TOEFL で120点とっても、GPA が著しく合格ラインに達していない 場合は落とされてしまう公算が大というのが現実です。

TOEFL の位置づけは、あくまで 「出願資格があるか・無いか」 であって、どこまで競争力があるかには関係がない数値とされています。 GPA を補えるのは、GMAT/GRE/SATなどの Native も受けるテスト のスコア、出願エッセー、推薦状、職務経歴などです。 And vice versa.

ですので、何かしら自分の弱い要素を補うために力を尽くすのであれば、 TOEFLはまず最低でも規定値をクリアし(出願資格をまず確保し)、 他の挽回の望める要素を強化していく事が、合格率を上げてくれる 道になります。

 

▼ GPAの挽回に寛大なスクールと、厳しいスクールがある GPA の挽回が必要な場合には、TOEFLではなく他の出願要素で 補っていくという話でしたが、そもそも全ての学校が GPA の挽回に寛容 なわけではありません。

GPA は GPA! (斬り!!! [昔流行った波田陽区] )

なんてスクールも沢山あります。 GPAで不利な場合には、寛容なスクールに出願先を集中させた方が、 同じ GPA でも合格率は上がります。 GPAに寛大と言っても、どんなGPAでもいいですよ、というわけではなく、やはり一定の合格圏内の幅というものはあります。ありますが、その幅が狭い学校もあれば広い学校もあります。幅の広い学校であれば、幾分のGPAの低さのみで決定的に足きりとなるわけではありませんので、幅の狭い学校への出願よりは(他のすべいての条件が同じであれば)合格率が上がると考えられます。[2014-07/29 update]

 

USA Club, 山内

 

教材ページ  

 

USA Club 東京事務局 130-0012 東京都墨田区太平 3-16-10
電話:03-6658-5098 FAX:050-3488-2946
リンクプライバシー記事特定商取引法表示 利用規約
Copyrights(C). USA Club 1999-2015. All rights reserved.
.