トップページ > TOEFL アーティクルズ > TOEFLスコアと午前の起床時間 

TOEFL (R) スコアと起床時間の関係?

▼ 起床時間が一定しない人は、 TOEFLスコアが下がる???

こんにちは USA Club 山内です。 朝起きる時間が一定しない人は TOEFL スコアが下がる??? 夜勤や変則シフトでない限り、一日は朝起きて夜寝る、 というサイクルを繰り返すものです。 このサイクルで、朝起きる時間が日によってバラバラで 一定しない人は、TOEFL / IELTSのスコアが(本来取れる べきスコアよりも)下がってしまう、というのが今日の 話です。

人間の体は、朝起きてすぐスイッチ全開になるわけではなく、 起きて徐々にエンジンがかかり、フル回転できるように なるまでは起床後2−3時間程度かかります。 いつも7時に起きて、9時に学校や仕事に行く生活の場合 9時からフル回転になるように体のリズムが取れています。 起床時間が一定している場合、体はリズムを失いません。

しかし、起床時間が一定していないと、脳や体にとっては 何時にエンジンをかければいいか法則性がないため、 スイッチがかかりにくかったり、フル回転しなくなって しまいます。 時差ボケと同じです。 時差ボケは、「本来寝ている時間」に起きていたり、 「本来起きている時間」に寝ているため、脳と体が リズムを失い、混乱している状態です。 (この状態で本来の能力を発揮できる人はいません)

ここまで極端ではなくても、朝起きる時間が一定して いないということは、リズムが決まっていない、ブレ ている、ということです。 そういう人は、特に1日の前半を、「プチ時差ボケ状態」 で過ごします。本領がなかなか発揮できません。 結果として、本来取れるべきスコアがとれなくなって しまうのです。 (テストって、1日の前半(午前)にきますよね)

学校や仕事、家庭に差し支えない範囲で、出来るだけ 起床時間を一定させてみましょう。 テストスコアだけではなく、色んなリズムが整い 回らなかったものが回り始めます。

Have a great day!

USA Club 山内

 

教材ページ  

 

USA Club 東京事務局 130-0012 東京都墨田区太平 3-16-10
電話:03-6658-5098 FAX:050-3488-2946
リンクプライバシー記事特定商取引法表示 利用規約
Copyrights(C). USA Club 1999-2015. All rights reserved.
.